寄付してもらったら返すこと

お礼を言うことを忘れない

資金を寄付してくれた人には、お礼をしてください。
それが人間としての、当たり前のルールです。
何も返せるものがなければ、資金提供してくれた人として名前を残すのが良いでしょう。
会社のサイトなどに名前が載っていたら、嬉しいと思います。
たくさんの人から寄付してもらった場合は、人の名前をメモに残すなどしてください。

サイトに名前を記載した後は、抜けている人がいないかチェックしましょう。
他の人は名前を記載して入るのに、自分だけ書かれていなかったらショックを受けるでしょう。
資金援助をしてくれた感謝の気持ちを込めて、サイトに名前を掲載してください。
会社を経営することに必死になって、そのようなお礼を忘れないように注意しましょう。

ささいな返礼品を用意する

感謝の気持ちを、ものに込めても良いと思います。
返礼品を用意して、クラウドファンディングを開始してください。
寄付して何かもらえると聞くと、興味を持つ人が増えると思います、
ですが高価すぎる品物を、送らないように気をつけてください。
また、金券なども避けましょう。
自分たちの会社で作った製品などが良いですね。

ものの値段ではなく、気持ちを込めることが大事です。
例え高価な返礼品でも、感謝に気持ちがこもっていなければもらった方は嬉しいと感じません。
何を返礼品にすれば、みんなが喜んでくれるのか考えましょう。
きちんと気持ちがこもっていれば、価格は安いものでも相手に伝わります。
会社の評判も、良くなることを期待できます。